プーチン大統領、国債や輸出の制約に直面も-EU制裁強化で

欧州連合(EU)当局が対ロシア制 裁の手段を検討する中、プーチン大統領は債券発行やテクノロジーの利 用を一段と抑制される可能性がある。

EUの行政執行機関である欧州委員会は8月30日のEU首脳会議の 合意を受けて1週間以内に対ロ追加制裁案を取りまとめることを約束し た。EU諸国は欧州委から制裁案を受け取り次第、数日以内に承認する 迅速な手続きを取ることができる。

メルケル独首相は同国が対ロ制裁に伴ういかなる経済的悪影響に対 しても備えができているとの立場で、7月に欧州委が策定した文書に示 されたような金融や技術分野での規制強化もEUの選択肢に含まれる。 欧州委のピア・アーレンキルド・ハンセン報道官は1日、「1週間以内 に確実に対応できるよう作業が現在進められている。既に講じられた措 置を深めることになる」と説明した。

7月後半に発動された最初の経済制裁でEUはロシア国営銀行5行 の欧州での株・債券の発行を禁止し、石油産業の近代化のための機器輸 出を制限したほか、ロシア向け武器輸出の新規契約を禁止した。

欧州委はこうした制裁の下準備で作成した説明文書で、これらの措 置を将来深める幾つかの可能性に言及。複数のEU諸国の債券へのロシ アによる投資を理由に制裁対象とされてこなかった国債や、民間セクタ ーの株・債券を通じた資金調達、シンジケートローンも金融規制の対象 に含める可能性がある。

例えば、EUは既に制裁対象としている防衛などの産業の企業が発 行する債券や株の購入を禁止したり、制裁対象のロシア人投資家による EU域内の株式市場の利用などを制限することもあり得るとしている。

原題:Putin Faces Debt to Import Curbs as EU Dips Into Sanctions Chest(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE