トヨタ愛好家も魅了するクライスラー、8月も好調か-米販売

カリフォルニア州ヨーバリンダ在住 のスタン・グレーザーさん宅の私道にはかつてトヨタ車で溢れていた。 しかしトヨタの古いトラックを下取りに出した際、クライスラー・グル ープの価格4万1000ドル(約429万円)のスポーツ型多目的車 (SUV)「チェロキー」を購入、好みのブランドを「ジープ」に変え た。

現役を引退したグラフィックアーティストであるグレーザーさん (61)は「長い間トヨタ車を愛用してきたが、乗り替えた。技術と外 観、サイズのすべてを考慮して決めた。個人的には道具好きだ。男性は アクセサリーや面白いものを好む」と述べた。

クライスラーは前例がないほど長期間にわたって好調が続いてい る。消費者の間でSUVの人気が再び高まっていることがジープの追い 風となっているほか、ピックアップトラック「ラム」やミニバン「タウ ン&カントリー」の力強い需要にも同社は助けられている。

こうした状況が追い風となってクライスラーの8月の米自動車販売 台数は12%増と、自動車大手で最大の伸びを示す見通しだ。ブルームバ ーグが集計したアナリスト8人の平均が示した。予想通りなら、同社は 約4年半に相当する53カ月連続の販売拡大となる。自動車各社は3日、 同月の米販売統計を発表する。

アナリスト予想によると、クライスラーは大手メーカーで唯 一、10%を上回る伸びを確保する見込み。10人の予想平均によれば、業 界全体の販売台数は150万台とほぼ横ばいが予想されている。販売日数 が前年同月に比べて1日少ないことが主因だ。季節調整後の年率換算で は1660万台(14人の平均予想)と、前年同月の1610万台から増加するも よう。

原題:Chrysler Capturing Toyota Owners Helps Drive Up U.S. Share: Cars(抜粋)

--取材協力:Jeff Green.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE