日銀の2%目標に逆風、根強い追加緩和期待-10月か1月か、サーベイ

4-6月の大幅な成長率の落ち込み に加え、7月に入ってからも立ち直りの鈍さを示す指標が続いているこ とから、日本銀行が経済・物価情勢の展望(展望リポート)が発表され る10月か来年1月に追加緩和に踏み切らざるを得なくなるとの見方がく すぶり続けている。

エコノミスト31人を対象に8月25日から28日にかけて行った調査 で、3、4日の金融政策決定会合は全員が現状維持を予想した。追加緩 和の予想時期は、「年内」が10人(32%)と前回の35%から小幅低下し た一方で、「年明け以降」が13人(42%)と前回(32%)から増加。 「追加緩和なし」は8人(26%)と前回(32%)から減少した。

7月の生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI)は前年比3.3%上 昇。消費増税の影響を除くと1.3%上昇と前月から横ばいだった。黒田 東彦総裁は7月15日の会見で、夏場にかけて「1%台を割るような可能 性はない」と述べた。少なくとも物価については、日銀の想定通りに推 移しており、足元で追加緩和期待が盛り上がっているわけではない。

一方、4-6月期の実質国内総生産(GDP)成長は前期比1.7% 減(同年率6.8%減)と、駆け込み需要の反動減や輸出不振から東日本 大震災以来の大幅なマイナス成長となった。7月に入っても生産の伸び が小幅にとどまるなど、4月の消費増税後の景気が低迷していることを 示す指標が相次いでいる。

黒田総裁は8月8日の会見で、14年度の成長率について「0.5%前 後、あるいはそれ以下と言われている現在の潜在成長率を下回る可能性 はあまりないと思う」と言い切った。しかし、4-6月GDPを受けて ブルームバーグ・ニュースが8月13日から14日にかけて実施したエコノ ミスト調査で、14年度成長率見通しは平均で0.4%まで低下した。 成長率の下方修正は必至

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎シニアエコノ ミストは「4-6月期の実質GDP成長率の落ち込みが大きかったため 日銀の14年度成長率見通し(1.0%)は下方修正されることが必至で、 デフレギャップの解消が物価上昇圧力となるという説明が厳しくなって きた」という。

黒田総裁は8月8日の会見で、2%の物価安定の目標をできるだけ 早期に実現させる上で注目している2つの要因として、需給ギャップに 加え、「人々の予想物価上昇率の動き」を挙げた。

JPモルガン証券の菅野雅明チーフエコノミストは「インフレスワ ップレートなどから判断すると、市場のインフレ期待は1%程度で安定 的に推移している」と指摘。日銀はインフレ期待が「全体として上昇し ている」というが、インフレスワップや物価連動債によるブレークイー ブンレート(BEI)からは「そのような解釈は困難だ」と言う。

2年で2%の変更も

三井住友アセットマネジメントの武藤弘明シニアエコノミストは 「内需は実質購買力の抑制、外需は海外生産シフト等の影響で、14年度 成長率は潜在成長率を下回り、年度後半以降の物価上昇の加速も想定し 難い」と指摘。東短リサーチの加藤出チーフエコノミストも「来年春の 2%達成に向けて押し上げていくドライバーが見当たらない」と語る。

加藤氏はその上で、「さらなる資産買い入れは市場の価格形成をさ らにゆがめるなど弊害が多いため、本来は追加緩和は避けるべきだ」と しながらも、「日銀は『2年で2%』というコミットメントを変える様 子は今のところないため、10月から1月にかけて追加緩和を決断する可 能性が6割程度あると思われる」としている。

農林中金総合研究所の南武志主席研究員は「日銀の想定通り14年度 下期にかけて物価が再加速し始めるかどうかが追加緩和の有無と直結す る」と指摘。「日銀の想定通りとなれば出口が意識され始め、長期金利 はボラタイルになる。日銀の想定を下振れる可能性が高まれば、追加緩 和か、『2年で2%』という目標変更を迫られるだろう」としている。

日銀ウオッチャーを対象にしたアンケート調査の項目は、1)今会 合の金融政策予想、2)追加緩和時期と手段や量的・質的金融緩和の縮 小時期および「2年で2%物価目標」実現の可能性、3)日銀当座預金 の超過準備に対する付利金利(現在0.1%)予想、4)コメント-。

1)日銀はいつ追加緩和に踏み切るか?    
==============================================================
調査機関数                                   31     100%
----------------------------------------------------------------------------
                               10月7日        0     0.0%
                              10月31日        8    25.8%
                                  11月        1     3.2%
                                  12月        1     3.2%
                              来年1月        4    12.9%
                              来年2月        1     3.2%
                              来年3月        1     3.2%
                          来年4月以降        7    22.6%
                          追加緩和なし        8    25.8%

==============================================================

2)追加緩和の具体的な手段             
==============================================================
マネタリーベースの増加ペースの引き上げ                14
長期国債の買い入れペースの引き上げ                    16
ETFの買い入れペースの引き上げ                         17
J-REITの買い入れペースの引き上げ                      13
付利の引き下げ                                        2
の他                                                   3
==============================================================

3)日銀が2%の「物価安定の目標」が安定的に持続すると判断し、
量的・質的金融緩和の縮小を開始する時期はいつ?
==============================================================
調査機関数                                   31
----------------------------------------------------------------------------
                            2014年下期        0     0.0%
                            2015年上期        0     0.0%
                            2015年下期        0     0.0%
                            2016年上期        1     3.2%
                            2016年下期        4    12.9%
                            2017年上期        2     6.5%
                            2017年下期        1     3.2%
                            2018年以降        5    16.1%
                              見通せず       18    58.1%
==============================================================

4)日銀は生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI、消費増税の影響を
除く)前年比が2016年度の「見通し期間の中盤頃に2%程度に達する
可能性が高い」としてますが、この見通しは実現しますか。
----------------------------------------------------------------------------
はい                                          4
いいえ                                       26
調査機関数                                   30
==============================================================

5)安倍政権は予定通りに消費税を10%に引き上げるとお考えですか?
----------------------------------------------------------------------------
はい                                         26
いいえ                                        3
調査機関数                                   29
==============================================================

6)日銀は今年末のマネタリーベース残高は270兆円という見通しを公表
しています。日銀は来年以降の同見通しも公表すべきだとお考えになりますか?
----------------------------------------------------------------------------
はい                                         18
いいえ                                       10
調査機関数                                   28
==============================================================

7)日銀が来年以降のマネタリーベース見通しを公表しない場合、
量的・質的金融緩和の政策効果を損なうとお考えですか?
----------------------------------------------------------------------------
はい                                         14
いいえ                                       16
調査機関数                                   30
==============================================================

8)2回目の消費税率引き上げが見送られた場合、現在0.5%前後で推移

している長期金利(10年物新発債利回り)は今年度末まで何%まで上昇(変化)
するとお考えですか。                  

調査機関数                                   29
----------------------------------------------------------------------------
                                0.5%弱        2
                                 0.50%        2
                                 0.60%        4
                                 0.70%        8
                                 0.80%        5
                                 0.90%        1
                                 1.00%        4
                                 1.10%        -
                                 1.20%        1
                                 1.30%        1
                                 1.40%        -
                                 1.50%        1
                                 1.60%        -
                                 1.70%        -
                                 1.80%        -
                                 1.90%        -
                                 2.00%        -
                                 2.10%        -
                                 2.20%        -
                                 2.30%        -
                                 2.40%        -
                                 2.50%        -
                                 2.60%        -
                                 2.70%        -
                                 2.80%        -
                                 2.90%        -
                                 3.00%        -
                                3.0%超        -
==============================================================

問1に対しての回答の詳細               
----------------------------------------------------------------------------
メリルリンチ証券、吉川雅幸                               10月31日
バークレイズ証券、森田京平                              追加緩和なし
BNPパリバ証券、河野龍太郎                               追加緩和なし
キャピタルエコノミクス、Marcel Thieliant                          来年4月以降
シティグループ証券、村嶋帰一                             10月31日
クレディ・スイス証券、白川浩道                               11月
第一生命経済研究所、熊野英生                            追加緩和なし
大和総研、熊谷亮丸                                       来年1月
大和証券、野口麻衣子                                    来年4月以降
HSBCホールディングス、デバリエ・いづみ                        来年4月以降
ジャパンマクロアドバイザーズ、大久保琢史                        来年4月以降
日本総合研究所、山田久                                  追加緩和なし
JPモルガン証券、菅野雅明                                追加緩和なし
明治安田生命保険、謝名憲一郎                            来年4月以降
三菱UFJモルガンスタンレー証券、六車治美                          10月31日
三菱UFJモルガンスタンレー景気循環、景気循環研 嶋中雄二                  追加緩和なし
三菱UFJリサーチコンサルティング、小林真一郎                         10月31日
みずほ総合研究所、高田創                                     12月
みずほ証券、上野泰也                                     来年1月
ニッセイ基礎研究所、矢嶋康次                             来年1月
野村証券、松沢中                                        追加緩和なし
農林中金総合研究所、南武志                               10月31日
岡三証券、鈴木誠                                         10月31日
RBS証券、西岡純子                                       追加緩和なし
信州大学、真壁昭夫                                       来年2月
SMBC日興証券、森田長太郎                                 来年3月
ソシエテジェネラル証券、会田卓司                        来年4月以降
三井住友アセットマネジメント、武藤弘明                            来年1月
東海東京証券、佐野一彦                                   10月31日
東短リサーチ、加藤出                                     10月31日
UBS証券、青木大樹                                       来年4月以降


================================================================================

--取材協力:Isaac Aquino, 藤岡徹

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE