【個別銘柄】TDKや村田製急伸、百貨店上げる、伊藤園安い

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

TDK(6762):前日比7.5%高の5620円。モルガン・スタンレー MUFG証券は1日、投資判断を「イコールウエート」から「オーバー ウエート」、目標株価を5000円から6400円に上げた。高周波部品の黒字 転換と受動部品の収益改善を評価。2008年の独エプコス買収の発表以降 続いたバリュエーションのディスカウントは解消する、と予想した。

村田製作所(6981):5.4%高の1万675円。クレディ・スイス証券 は1日、目標株価を1万1500円から1万2000円に上げ、投資判断「アウ トパフォーム」を維持した。中国、北米スマートフォン向けの部品、車 載関連部材の拡大で収益増加が続くと予想。同証による15年3月期営業 利益予想を1603億円から1635億円(会社計画1440億円)、来期を1818億 円から1851億円に増額した。

クボタ(6326):3%高の1547.5円。SMBC日興証券は1日、目 標株価を1700円から2000円に上げ、投資判断「1(アウトパフォー ム)」を継続した。欧米における売り上げの上振れ、収益性の改善が日 本と中国、タイの不振を補い、増益を維持すると予想。16年3月期営業 利益は今期推定比11%増の2327億円と、2桁増益に回帰するとみる。

J.フロント リテイリング(3086):3.6%高の1356円。1日に公 表した8月度の売上高速報値は百貨店事業合計で前年同月比0.3%増だ った。消費税増税後では初めてとなる、5カ月ぶりのプラスで宝飾品や 化粧品が持ち直し、下旬の気温低下で秋物衣料も好調だった。同じく8 月売上高がプラスだった三越伊勢丹ホールディングス(3099)も3%高 の1289円、高島屋(8233)も2.8%高の915円。

不動産株:2日付の日本経済新聞朝刊が報じたところ、1日に東京 都の「東京国際金融センター推進会議」が開かれ、4分野の分科会設置 が決定、今年度内に工程表をまとめる。丸の内、日本橋など都心部ビル 市況の今後の活性化が見込まれた。三井不動産(8801)が1.9%高 の3415円、三菱地所(8802)が2.5%高の2482円、平和不動産(8803) が1.7%高の1613円など。また、日本銀行は3、4両日に金融政策決定 会合を開くため、追加金融緩和策への期待感も追い風。

NTN(6472):5.4%高の466円。ゴールドマン・サックス証券は 1日、投資判断を「中立」から「買い」、目標株価を500円から530円に 上げた。北米事業の赤字転落が嫌気された株価低迷が続いているが、赤 字は一時的とみている。同じく判断を「買い」に上げ、目標株価を6800 円から7000円に修正したマキタ(6586)も3.6%高の6090円。

新光電気工業(6967):6%高の819円。クレディ・スイス証券は 1日、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」、目標株価を730 円から1000円に上げた。低調なFCパッケージの数量・収益から15年3 月期の営業利益は会社計画を下回る可能性は高いものの、株価には既に 織り込み済みと判断。スマートフォン、自動車向けICリードフレーム の改善などから来期以降の業績回復を見込む。

伊藤園(2593):3.7%安の2325円。5-7月期(第1四半期)の 連結営業利益は前年同期比61%減の21億9400万円だった、と1日に発 表。タリーズコーヒーなど飲食関連事業は堅調な半面、主力のリーフ・ ドリンク事業が競争激化で低調、販売費の増加も負担になった。上期計 画を148億円から92億円に下方修正。前年同期比では2.3%増益が一 転、36%減益になる見込み。

内田洋行(8057):8.8%安の405円。15年7月期の連結営業利益は 前期比4%減の25億円を計画する、と1日に発表。大型補正予算やウィ ンドウズXPの買い替え特需、消費税増税前の駆け込み需要など特殊要 因の剥落を見込む。14年7月期は学校施設や教材など公共関連事業、オ フィス関連事業とも伸び、営業増益率は2.9倍だった。

三浦工業(6005):2.6%高の3695円。9月末株主を対象に、1株 を3株に分割すると1日に発表。最低投資金額の低下による新規投資家 層の流入を見込む買いが入った。

クイック(4318):150円(17%)高の1024円でストップ高。24日 付で上場市場が東証2部から1部に変更になる、と1日に発表。今後の TOPIX算入に伴い、同指数連動のファンド資金の流入などが見込ま れた。また、4-9月期(上期)末に1株5円の1部指定記念配を実 施、従来計画の普通配7円に上積みする。

アクトコール(6064):300円(24%)高の1540円でストップ高。 三井不動産リアルティ(東京・千代田区)と業務提携、中古住宅向けに 電気・ガスなどの緊急性を要するトラブルに24時間対応するサービスや 設備修理サービスの提供を開始すると1日に発表。顧客層の拡大につな がるとみられた。

ウインテスト(6721):80円(24%)高の412円でストップ高。慶 応義塾先端科学技術研究センターとウエハープロービングマシン用ヒン ジマニュピレーターに関し、共同研究契約を結んだと1日に発表。当該 技術は動力源として電気モーターを使わなくて済む機械装置で、検査装 置コストの低減を目的としている。産学連携による今後の成果発現を見 込む買いが入った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE