スペインが初の50年国債、利回り追求に対応-10億ユーロ起債

スペインが初めて50年国債を起債し た。指標となる国債利回りは先週、過去最低を記録しており、期間が長 めの債券を求める投資家の需要に対応した。

スペイン経済・競争力省の会計金融政策局は1日、10億ユーロ (約1370億円)相当の2064年10月償還債(表面利率4%)を私募形式で 起債したと発表した。今年の債券相場上昇で、スペインの10年債利回り は8月27日に2.083%と、ブルームバーグがデータ収集を開始した1993 年以降で最低となった。同国はこうした状況を生かしており、5月には 初のインフレ連動債で50億ユーロを調達した。

コメルツ銀行の金利ストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏は ロンドンから取材に応じ、50年国債の起債は「利回りを追求する流れに 沿ったものだ」と述べた。

スペイン10年債(2024年10月償還、表面利率2.75%)利回りはマド リード時間午後6時現在、2べーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の2.25%で終了している。

原題:Spain Sells Its First 50-Year Bonds With Yields Near Record (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE