欧州の短期金融市場、ECB利下げを50%程度織り込む-BNP

金利が過去最低水準にある欧州の短 期金融市場では、欧州中央銀行(ECB)が今週、短期金利の調節手段 である短期買いオペ(売り戻し条件付き債券買いオペ=レポ)の最低応 札金利と中銀預金金利をそれぞれ0.1ポイント引き下げる確率が50%程 度織り込まれている。BNPパリバが指摘した。

ECBは4日にフランクフルトで開く定例政策委員会で、ユーロ圏 のデフレ見通しを払拭(ふっしょく)するため追加金融緩和に踏み込む との見方が市場で高まっている。先週初めてマイナス圏に突入したユー ロ圏無担保翌日物平均金利(EONIA)は1日、過去最低を記録し た。3カ月物EONIAスワップはマイナス0.005%に低下した。

BNPパリバ(パリ)のシニア債券ストラテジスト、パトリック・ ジャック氏は「市場はEONIAが今後マイナス圏で推移すると見込ん でいる。つまり市場は金利の引き下げを織り込んでいる」と語った。

ブルームバーグ・ニュースの調査によると、4日の政策委員会 で0.1ポイントの利下げを予想しているエコノミストは5人。一方、50 人は据え置きを予測している。

EONIAは1日、マイナス0.013%となった。8月29日はプラ ス0.101%だった。

原題:Money Markets’ Record Low Seen Pricing 50% Chance of ECB Cut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE