アフリカ最大のファンド運用会社、プラチナ生産会社株を選好

南アフリカ共和国のパブリック・イ ンベストメントは、同国の産金株よりもプラチナ生産会社の株式を選好 している。同社はアフリカ最大のファンド運用会社。

ブルームバーグが集計したデータによれば、パブリック・インベス トメントは15億ドル(約1560億円)相当の資産を運用し、同国の産金大 手4社および大手プラチナ生産会社2社の最大、または2位の株主。ダ ニエル・マトジラ最高投資責任者(CIO)は、金の需要は主に宝飾品 向けか投資目的だが、プラチナは工業用に利用されるため同社はプラチ ナを選好していると述べた。

金相場は年初来で6.9%、プラチナは4.2%それぞれ上昇している。 ヨハネスブルクの産金株指数は50%上げ、年間ベースでは3年ぶりの上 昇となる可能性が高まっている。一方、プラチナ生産会社の株価指数 は12%下げており、4年連続の下落となる見込みだ。

マトジラCIOは8月27日、ブルームバーグのヨハネスブルク支局 でのインタビューで「プラチナは長期的に見て戦略的だ。当社は、市場 心理に左右される金属ではなく、工業用金属を選好する」と述べた。

南アは世界最大のプラチナ生産国で供給全体の約75%を占め、アフ リカ最大の産金国でもある。

今年は5カ月に及ぶ賃上げストライキの影響で南アのアングロ・ア メリカン・プラチナムやインパラ・プラチナム・ホールディングス、英 ロンミンのプラチナ生産が減少し、各社は成長計画の見直しや鉱山の売 却を余儀なくされている。

マトジラCIOは「何とか持ちこたえたい。いずれかの時点で回復 するはずだ。当社は長期的な投資家だ」と述べた。

原題:Africa’s Biggest Fund Manager Favors Platinum Equities Over Gold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE