エボラ熱感染者確認のセネガル、患者と接触の20人を観察下に

新たにエボラ出血熱の感染者が見つ かったセネガルが、患者の家族や医療関係者を含む20人を観察下に置い ていることを、同国のセック保健・社会活動相が明らかにした。

同相は30日、セネガルの首都ダカールから電話インタビューで、こ の患者は21歳の男子大学生で、約3週間前に自動車でギニアから国境を 越えてセネガルに入国したと述べた。この患者は、抗生物質などの投与 による治療を受けて熱が下がり、回復が見込まれているという。エボラ 出血熱で死亡した親類の葬儀の後、発症した。

国連のHIV・エイズプログラムのディレクターを務めた経歴を持 つセック保健・社会活動相は「患者が発症の兆しを見せて以降、接触の あった人物全員を追跡することが最大の課題だ」と説明。「1人も見逃 したくない。今が最も重要な時期だ」と語った。

過去最悪のエボラ出血熱感染が5カ国目となるセネガルに拡大した ことを受け、同国は患者と接触のあった人物の特定を進め、感染抑制に 向けて迅速に対応した。今回のエボラ出血熱感染拡大による死者は、過 去の発生例の死者数の総計とほぼ同数に達しており、世界保健機関 (WHO)の今週の発表によれば、感染拡大を抑制するためには4 億9000万ドル(約510億円)の費用が必要となる見通し。

世界食糧計画(WFP)は感染地域に住む約130万人に対する食糧 支援を実施しているが、食品が不足している上に、各国の国境が封鎖さ れているため取り組みは困難な状況に陥っている。

原題:Senegal Puts 20 People on Watch for Ebola After First Case (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE