バークレイズのスペイン部門をカイシャバンクが買収で合意

スペインの銀行3位のカイシャバン クは、英銀2位バークレイズのスペイン銀行部門を現金約8億ユーロ (約1100億円)で買収することで合意した。同国の経済成長が上向く中 で業務を拡大する。

バークレイズの発表資料によれば、同行がカイシャバンクに売却す るスペイン部門には、リテールバンキング(小口金融)、資産・投資運 用、コーポレートバンキング業務が含まれる。最終的な売却価格は、年 末時点の純資産価値に基づいて調整する。

カイシャバンク側の発表資料によると、バークレイズのスペイン部 門は約220億ユーロ相当の資産を擁する。カイシャバンクの5695の支店 網には買収によって約270の支店が新たに加わり、顧客ベースも55万人 増えて1400万人を上回る規模となる。

バークレイズのアントニー・ジェンキンス最高経営責任者 (CEO)は、投資家の信頼回復を目指す努力の一環として、投資銀行 への依存を減らすために人員削減と非中核部門の資産圧縮を断行し、コ スト削減に取り組んでいる。同行のアラブ首長国連邦(UAE)リテー ル銀行部門のアブダビ・イスラミック・バンク(ADIB)への売却も 8月31日に完了した。

バークレイズによれば、同行はスペイン部門の売却によってリスク 加重資産を約80億ポンド(約1兆3800億円)相当減らす。監督当局の承 認の状況に左右されるが、同行は年末ごろの売却手続き完了を予定。バ ークレイズの約2400人の行員が手続き完了後にカイシャバンクに移籍す る。

原題:CaixaBank to Buy Barclays’s Spanish Businesses for $1.1 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE