ウクライナ、戦火拡大-ロシア支援の分離派が支配地広げる

ウクライナ東部の分離主義武装勢力 はアゾフ海付近とドネツク南部の2つの前線で政府軍と戦っている。北 大西洋条約機構(NATO)は戦闘地域でのロシア部隊と先進兵器の急 増を指摘した。

米国と欧州連合(EU)が対ロ制裁強化を警告している。NATO はウクライナでのロシア軍部隊の活動が撮影されているとして衛星写真 を指摘したが、ロシアのラブロフ外相は偽物だと言明した。

「ロシア軍部隊の活動を示す衛星写真があると伝えられたが、映像 はコンピューターゲームから取ったものだと分かった」とラブロフ外相 が29日モスクワで記者団に述べた。

ウクライナのヤツェニュク首相は同日キエフの議会で、NATO加 盟を検討する議論を直ちに開始するよう呼び掛けた。国連はウクライナ 紛争での死者数の推計を約2600人に引き上げた。

カーネギー国際平和財団欧州センター(ブリュッセル)のディレク ター、ヤン・テシャウ氏は「プーチン大統領は公然とロシア軍をウクラ イナに送り込むことで、ほとんどリスクなしにウクライナの分離主義者 の支配地域を固めることができると判断した」とし、ウクライナの中に 「小さな国を創り出し、そこの紛争を凍結することが目的だ」と指摘し た。

ウクライナ軍は増援部隊が到着しなかったため退却し、奇襲攻撃を 受けて激しい銃撃戦に陥ったと、イロバイスクのセメンチェンコ司令官 が29日フェイスブックに投稿した。ウクライナ国防省のウェブサイトに よると、ロシアのパラシュート部隊の兵士12人に包囲されたウクライナ の士官2人が自爆した。

原題:Fighting in Ukraine Expands as Russian-Backed Forces Make Gains(抜粋)

--取材協力:Andrew Langley、Holly Rosenkrantz、Bryan Bradley、David McQuaid、Patrick Donahue、Fergal O’Brien、Andras Gergely、Elena Mazneva、Ott Ummelas、James G. Neuger、Stepan Kravchenko、Terry Atlas、Kateryna Choursina、Alex Nicholson、Kati Pohjanpalo、Birgit Jennen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE