大手生保、投資先企業と対話重視の規範策定-関係に風穴も

大手生保は28日までに責任ある機関 投資家としての規範を定めた「スチュワードシップコード」の行動方針 を公表した。投資先企業との対話を重視し、中長期的な視点から資本効 率など企業価値の向上を促すのが狙いだ。日本での投資家と企業との関 係に風穴を開けることにつながると期待する声もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。