米個人消費支出:7月は前月比0.1%減-6カ月ぶりマイナス

7月の米個人消費支出(PCE)は 市場予想に反し、6カ月ぶりにマイナスとなった。

米商務省の発表によると、7月のPCEは前月比0.1%減少。ブル ームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.2%増。前月 は0.4%の増加だった。個人所得は0.2%増と、年初来で最も小幅な伸び だった。

RBCキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、ジェイコ ブ・オービナ氏(ニューヨーク在勤)は、「第3四半期は弱い始まりと なった」と述べ、「第3四半期予想の下方修正につながるだろう」と続 けた。

国内総生産(GDP)の算出に使用するインフレ調整後のPCE は0.2%減。前月の0.2%増からマイナスに落ち込んだ。

自動車や家具などの耐久財支出はインフレ調整後で0.6%減。前月 は0.5%増だった。非耐久財は7月に0.2%減少した。ヘルスケアや観 光、公共事業などを含むサービス関連支出は0.1%の減少だった。

PCE総合価格指数は前年比1.6%上昇で、前月と同じ伸び率。食 品と燃料を除くPCEコア価格指数は前月比で0.1%上昇、前年比 は1.5%の上昇だった。

い。

原題:Consumer Spending in U.S. Falls for First Time in Six Months (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton、Michelle Jamrisko.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE