アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場で、ハンセン指数はほぼ変わらず。月間ベースでは4 月以来の下落となった。投資家が企業決算を織り込んだほか、カジノ株 が売られた。

サンズ・チャイナ(1928 HK)は1.7%安。マカオのカジノ従業員が 今週末ストライキを実施するとの懸念が広がった。医薬品メーカー、石 薬集団(1093 HK)は5.7%安。主要株主が同社株を割安な水準で売却す ることを明らかにした。アルミニウム生産で中国最大手の中国アルミ (チャルコ、2600 HK)は4.6%安。1-6月(上期)の赤字が拡大し た。

中国最大の海洋石油・ガス会社、中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は2.9%高。1-6月期の利益が市場予想ほど減少しなかったこと が好感された。

ハンセン指数は前日からほぼ変わらずの24742.06で終了。週間で は1.5%下げ、月間では0.1%下落した。ハンセン中国企業株(H株)指 数は前日比0.3%高の10963.59。

敦沛証券のバイスプレジデント、ジャクソン・ウォン氏(香港在 勤)は、「相場は最近の上昇後、値固めしている」と指摘。「投資家は 相場を押し上げる新たな材料を待っている」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。テクノロジー株と防衛関連銘柄が買われた。 週間ベースでは上海総合指数は約2カ月ぶりの大幅下落となった。

環旭電子(601231 CH)は5.1%、立訊精密工業(002475 CH) は3.8%それぞれ上げた。中航工業機電系統(002013 CH)はほぼ3年ぶ りの高値に上昇。中国が軍事研究資産を一部の上場企業に投入する可能 性があると上海証券報が報じた。一方、アルミニウム生産で中国最大手 の中国アルミ(チャルコ、601600 CH)は下落。1-6月(上期)の赤 字が拡大した。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比1%高の2217.20で終了。週間では1.1%下落し、6月20日終了週以 来の大幅な下げとなった。上海、深圳両証取のA株に連動している CSI300指数は前日比1.2%高の2338.29。

正徳人寿保険の呉侃マネーマネジャーは「多額の資金がIPO投資 に流れ込んでいる」と指摘。「景気循環株の利益は低迷しており、新興 産業に注目が集まっている」と述べた。

【インド株式市況】

29日のインド株式市場はヒンズー教の祭日のため休場。取引は9月 1日に再開される。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比1.49ポイント高の5625.90。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比7.22ポイント(0.4%)安の2068.54。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比42.10ポイント(0.4%)安の9436.27。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE