NY原油:3日続伸、米GDP上方修正で需要拡大を見込む

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は3日続伸。4-6月 (第2四半期)の米国内総生産(GDP)改定値が速報値から上方修正 されたことを受け、原油需要が拡大するとの見方が広がった。

PNCキャピタル・アドバイザーズの原油アナリスト、ポール・ク ロボ氏(フィラデルフィア在勤)は「今の価格から下げる余地はかなり 限定的だ」と指摘。「今年後半に入ってから、需要と供給は比較的タイ トな状況が続いている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日 比67セント(0.7%)高の1バレル=94.55ドルで終了した。終値として は20日以来の高値。

原題:WTI Crude Gains for Third Day as U.S. GDP Growth Beats Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE