米銀、過去2番目の高利益-トレーディング収入は減少

4-6月期の米銀行業界の利益 は402億ドル(約4兆1700億円)と、過去2番目の高水準となったこと が米連邦預金保険公社(FDIC)の報告で明らかになった。トレーデ ィング収入は減少したものの、経費や人員の削減が奏功した。

FDICが28日公表した四半期報告書によると、融資は伸びて2008 年の信用危機前の水準に回復したものの、住宅ローンサービシング(管 理回収)や借り換えの落ち込みで収入は増えなかった。FDICのマー ティン・グルエンバーグ総裁はワシントンでの記者会見で今回の報告に ついて、銀行は経済成長ペースの遅さに伴う圧力を受けながらも、業界 の回復は継続していることが概して示されたとの見解を示した。

総裁は「純利益は増え、資産の質も改善した。また融資残高は2007 年以降で最も速いペースで増え、融資の伸びや幅広い分野にわたってい る」と指摘。その上で銀行が抱える課題として、純金利マージン縮小に 伴う圧力や「レバレッジの高い借り手への高リスク商業ローンの増加」 などを挙げた。

住宅ローンは1.2%増、商業・産業向け融資は3.1%増えた。

トレーディング収入は10.1%減。これで4四半期連続での減少とな った。

原題:U.S. Banks Neared Record Profit in Second Quarter, FDIC Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE