JPモルガンが防護強化、顧客データ狙ったハッカー攻撃後

米銀最大手のJPモルガン・チェー スはハッカーの攻撃からコンピューターシステムを守るための対策を強 化した。複数の銀行が今月、顧客データを狙った攻撃を受けた。

JPモルガンは米当局と協力して被害の範囲を特定しようとしてい ると、広報担当のパトリシア・ウェクスラー氏が28日電子メールで説 明。機密情報を保護するための追加措置を取っているというが、具体的 な言及は控えた。今月の攻撃によって影響を受けた可能性のある顧客に は通知するとしている。不正が疑われるケースは特に増えていないとい う。

最近数週間でJPモルガンを含む少なくとも5社の金融機関に対し て組織的なハッカー攻撃があったと、米当局者が27日に明らかにした。 法順守当局から説明を受けた別の関係者によれば、攻撃によって顧客デ ーが盗まれ、そのデータを使って口座から資金を引き出すことが可能だ という。関係者らは匿名を条件に語った。

JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は 4月に株主に宛てた年次書簡で、銀行のコンピューターシステムを狙っ たハッカー攻撃が増えていると警告していた。

このハッカー攻撃に関連した詐欺行為があっても、JPモルガンの 顧客が被害の責任を負わされることはなく、不審な活動に気づいた場合 は銀行に連絡してほしいとウェクスラー氏は述べている。

原題:JPMorgan Boosts Customer Data Protections After Cyber-Attack (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE