WHO:エボラ熱感染者2万人超える恐れ-対策に510億円必要

世界保健機関(WHO)は28日、西 アフリカで流行しているエボラ出血熱が収束するまでに感染者数が2万 人を超える可能性があるとの見方を示した。WHOはエボラ対策のため 4億9000万ドル(約510億円)の資金を集めようとしている。

WHOは電子メールで配布した声明で、感染拡大が加速しており、 患者の40%余りが過去21日の間に感染したと説明した。別の文書でこの 日公表したエボラ対策の「ロードマップ」によれば、一部地域の感染者 数は報告されている数の2-4倍に上る可能性がある。

ロードマップは「2014年のエボラ出血熱の大流行は警戒すべき展開 を続けている」とし、リベリアとギニア、シエラレオネは「機能が深刻 に損なわれた医療・保健システムと対応能力の大幅不足、恐怖感のまん 延に直面し、感染拡大を抑制するのが困難になっている」と説明した。

今回のエボラ熱の感染者は3000人を超えており、史上最悪の大流行 となっている。患者のうち1550人余りが死亡した。ナイジェリアでも感 染が報告され死者数は医師1人を含め6人となった。

ブルームバーグ・ニュースが今週入手した草案では、エボラ収束に 必要な資金をWHOは4億3000万ドルと見積もっていた。

原題:Ebola Cases May Surpass 20,000, WHO Says, as $490 Million Sought(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE