香港株:ハンセン指数、2週間ぶり安値-中国不動産株安い

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が約2週間ぶりの安値となった。中国の不動産銘柄が売られたほか、投 資家が企業決算を織り込んだ。

中国本土の住宅建設会社の碧桂園(カントリー・ガーデン・ホール ディングス、2007 HK)は5%安と、4月以来の大きな下げとなった。 割安な水準でライツイシュー(株主割当増資の一種)を行うと発表した ことが嫌気された。中国国有の不良資産受け皿会社4社の一角、中国信 達資産管理(1359 HK)は7.1%安。1-6月(上期)の利益が予想を下 回った。

チャイナ・テレコム(中国電信、728 HK)は5.7%高。JPモルガ ン・チェースが同銘柄の投資判断を「オーバーウエート」に引き上げ た。

ハンセン指数は前日比0.7%安の24741.00で終了。ハンセン中国企 業株(H株)指数は1.3%安の10931.60。

CMCマーケッツのストラテジスト、デズモンド・チュア氏(シン ガポール在勤)は、「香港株式相場は力強く上昇していたため、値固め 局面入りしてもおかしくない状況だ」と指摘した。

原題:Hong Kong Stocks Fall to Two-Week Low as China Developers Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE