スペイン:4-6月成長率は0.6%に加速-8月にインフレ低下

スペイン経済は4-6月(第2四半 期)に内需を追い風に成長ペースが加速した。一方、8月のインフレ率 はさらに低下。欧州中銀(ECB)による追加緩和観測を再燃させる数 字となった。

スペイン統計局(INE)が28日発表した4-6月の国内総生産( GDP)改定値は前期比0.6%増となった。前年同期比では1.2%増と、 いずれも速報値と一致した。家計支出と投資が増えた。1-3月(第1 四半期)GDPは前期比0.4%増、前年同期比は0.5%増だった。

同日発表された8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月 比0.5%低下と、2009年10月以来の大幅な低下率となった。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト予想(0.6%低下)ほど落ち込まなかった ものの、2カ月連続の低下となった。過去半年では3回目の低下。

原題:Spain Growth Speeds Up as Consumer Prices Drop Most Since 2009(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE