北京の大混雑、あふれ返る人に手を焼く当局-効率性に問題とも

北京の人口がこのまま増え続けて今 の2倍強になったら、どうなるだろうか。

王安順市長や同市共産党委員会の郭金竜書記を悩ます陰鬱(いんう つ)なシナリオだ。彼らは一見無理に思える計画を進めている。それは 北京に移住してくる人たちを追い払うことだ。

人口2110万人の中国の首都が抱える問題が深刻さを増しているのは 明らかだ。天安門広場周辺の道路の混雑ぶり、市民の健康被害が懸念さ れる茶色っぽいもや。2月に発表されたリポートによると、上海社会科 学院が調査した世界の国際都市40都市中、北京はモスクワに次いで2番 目に住みにくい場所とされた。

問題はこの大都市、北京がいまだに多くの人を引き付けている点に ある。人口はニューヨークの2.5倍。2000年から13年12月の間に53%増 えており、これはロサンゼルスとシカゴ、デトロイトの全市民が移り住 んだのと同じ計算だ。

米カリフォルニア大学アーバイン校の社会学教授でブルッキングス 研究所の上級研究員でもある王豊氏は、「世界の大都市を見渡しても人 口に上限を設けているところはない」と指摘。北京市当局者は同市 を3000万-5000万人都市と考える必要があると話す。東京首都圏の人口 は3700万人だ。

王市長は低価格住宅の供給を制限するなどの措置を講じてきた。都 市戸籍を持たない住民への行政サービスは依然制限され、市場や病院な どは市の中心部から追いやられている。

よそ者

合肥(安徽省)出身で北京に8年暮らす婦人服店経営のハ・ホンジ ュンさん(37)も疎外されている1人だ。「子どもはここでは学校に通 えない。私は車の運転も認められていないし、お金が入ってもアパート を買えない。よそ者には本当に冷たい」。

カリフォルニア大の王教授は、人口よりも計画のまずさが北京市の 苦悩をより良く説明できるかもしれないとし、東京の人口密度は北京よ り高いが、一層効率的だと指摘した。

中国人民大学の中国公共経済管理研究センターの陶然ディレクター も「北京の問題は行政や管理の拙さにある」とし、当局は市場原理を生 かして市の乏しい資源をより効率的に配分すべきだと述べている。

原題:Jammed Beijing Clamping Down Fails to Stem Migration: Cities(抜粋)

--取材協力:Flavia Krause-Jackson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE