米中古住宅販売成約指数:前月比3.3%上昇-前年比はマイナス

7月の米中古住宅販売成約指数は市 場予想を上回る伸びとなった。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した7月の中古住宅販売成約 指数(季節調整後)は前月比3.3%上昇した。ブルームバーグがまとめ たエコノミスト調査の予想中央値は0.5%上昇だった。前月は1.3%低下 (速報値1.1%低下)に下方修正された。

TDセキュリティーズUSAのゲナディ・ゴールドバーグ氏(ニュ ーヨーク在勤)は統計発表前に、「住宅は改善の道を徐々に進んでい る」と指摘。「賃金がもっと伸びれば、人々は住宅購入にもっと乗り気 になるだろう」と述べた。

地域別では全米4地域のうち3地域で指数が上昇した。北東部 で6.2%、南部で4.2%、西部では4%それぞれ上昇。一方、中西部で は0.4%低下した。

7月は季節調整前の前年同月比では2.7%低下と、これで10カ月連 続のマイナス。前月は4.7%低下だった。

い。

原題:Pending Sales of U.S. Existing Homes Increase More Than Forecast(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE