金融庁:韓国国民銀行に行政処分、新規取引4カ月間停止

金融庁は28日、韓国の国民銀行の在 日支店に対し、新規取引を停止するなどの行政処分を出した。停止期間 は9月4日から来年1月3日まで。同庁が発表した。

発表資料によると、処分理由は不適切融資が行われていたことや、 反社会的勢力との取引を防止するための対応が不十分だったためで、同 庁では内部管理体制の再構築などを求めた。再発防止に向けた法令順守 体制の整備などを盛り込んだ業務改善計画を9月29日までに提出するよ う命じた。

国民銀行のウェブサイトによると、同行は日本で東京と大阪に支店 を持つ。金融庁にれば在日支店の人員は3月末で29人。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE