米議会予算局:財政赤字予想引き上げ、予想より弱い成長で

米議会予算局(CBO)は今会計年 度の米財政赤字について、4カ月前の予想よりも拡大するとの見通しを 示した。年度前半の経済成長が予想より弱く、税収が打撃を受けたため という。

超党派のCBOは27日のリポートで、9月30日までの12カ月間の財 政赤字は5060億ドル(約52兆5900億ドル)になるとの見通しを示した。 4月時点の予想は4920億ドルだった。新たな見通しに基づく赤字額は国 内総生産(GDP)の2.9%に相当。前会計年度の財政赤字は6800億ド ルで、対GDP比は4.1%だった。

2014年10-12月(第4四半期)の経済成長率は前年同期比1.5%に なるとCBOは予想。2月時点の予想は3.1%成長だった。今年の失業 率は平均で6.2%、来年は同5.9%に低下するとの予測を示した。

CBOは同リポートで、「総合的に見て、米経済は今年は緩やかに 成長し、向こう数年の成長ペースは上向くものの依然穏やかなペースに なる」と指摘した。

原題:CBO Sees Wider U.S. Deficit as Slower Growth Hurts Revenue (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE