英銀RBSに約25億円の制裁金-住宅ローンで不適切な助言

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコ ットランド・グループ(RBS)は、住宅ローンに関して顧客への助言 が不適切だったとして、市場監督機関である金融行動監視機構 (FCA)から1447万ポンド(約25億円)の制裁金を科された。

FCAは27日の声明で、RBSが2011年6月から13年3月にかけて の「住宅ローン販売で助言に重大な問題点があった」と断じた。同行と 傘下のナットウエストが「顧客への助言が適切なものであることを確実 にしていなかった」としている。

RBSは13年にロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作問題で 6億1200万ドル(約640億円)の制裁金を科されるなど、08年の救済以 後、一連の不祥事を引き起こしている。

RBSのロス・マキューアン最高経営責任者(CEO)は今回の件 についてコメントを発表。「容認できない、起こってはならないことだ った」とした上で、FCAの処分は「当行がまだ課題を抱えていること を示したが、顧客の信頼を回復するため必要な措置を取る決意だ」と表 明した。

原題:RBS Fined $24 Million by U.K. Regulator Over Mortgage Advice (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE