米KKR、中国鶏肉加工会社の福建聖農に18%出資へ-420億円

資産家のヘンリー・クラビス氏とジ ョージ・ロバーツ氏が率いる米プライベートエクイティ(PE、未公開 株)投資会社KKRは、中国の鶏肉加工会社、福建聖農発展の株式18% を約4億ドル(約420億円)で取得することで合意した。

福建聖農発展が26日、資料で発表した。両社は資本提携を通じ福建 聖農の事業を拡大し、安全な精肉を提供する。福建聖農は飼育から加工 まで一貫管理することで品質の確保を目指す。

KKRは今年に入り中国で他に少なくとも2件の投資を実施。豚肉 加工会社の中糧肉食投資と家電メーカーの青島海爾(青島ハイアール) に出資している。

原題:KKR to Acquire China Chicken Processor Stake for $400 Million(抜粋)

--取材協力:Devin Banerjee.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE