【個別銘柄】川崎船や建設株が上昇、ファミリMは売られる

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

川崎汽船(9107):前日比3.3%高の251円。クレディ・スイス証券 は投資判断を「アンダーパフォーム」から「アウトパフォーム」に2段 階引き上げた。コンテナ船セクター全般に対する楽観的な見方を強めて おり、運賃市況の改善を背景に2015年3月期の連結純利益は220億円と 会社計画180億円を上回ると予想した。また、20年3月期を最終年度と する中期経営計画で自己資本利益率(ROE)を10%とする目標を設定 すると27日付の日本経済新聞朝刊が報じた。

建設株:熊谷組(1861)が5.6%高の357円、安藤ハザマ(1719) が2.9%高の774円など。JR東海はリニア中央新幹線の品川-名古屋間 の総工事費が5兆5235億円になると発表。総工事費は車両費も含み09年 当時の前回見積もりより935億円増加する。トンネル工事関連銘柄に買 いが集まった。

大塚ホールディングス(4578):7.5%高の3645円。野村証券は投 資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を3200円から4000円に引き 上げた。26日午後に発表された18年12月期までの中期経営計画につい て、同計画の期間中に稼ぎ出す利益の大半を成長投資と株主還元策に活 用する点がサプライズだったと指摘。説明会では樋口達夫社長から ROEを意識する発言があり、経営陣の意識変化が明確になったとも評 価した。JPモルガン証券もまた、投資判断を「中立」から「オーバー ウエート」に引き上げた。

ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324):11%高の4755円。 ロボットの力を引き出す部品の減速機の生産能力を増強する、と27日付 の日経新聞朝刊が報道。30億円弱を投じて長野県にある工場の建屋など を拡充、主力製品の月産能力を現在の25%増の5万個程度にするとして いる。

ファミリーマート(8028):0.9%安の4310円。野村証券は投資判 断を「買い」から「中立」に、目標株価を5250円から4800円に引き下げ た。中期視点で積極投資を進めるが足元で設備費負担に加え店舗オペレ ーションの乱れが見られ、短期的な「成長痛」が想定以上と分析。15年 2月期の連結営業利益予想を445億円から405億円(会社計画460億 円)、来期を485億円から445億円にそれぞれ下方修正した。

昭和電工(4004):2.8%高の148円。SMBC日興証券は投資判断 を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を165円から180円を 引き上げた。15年に向けて主要5事業のモメンタムがそろって好転する と予想し、15年12月期の連結営業利益予想を430億円から450億円に上方 修正した。

日本新薬(4516):7.7%高の3210円。19年3月期を最終年度とす る5カ年の中期経営計画で連結営業利益目標を180億円(14年3月期実 績80億円)、ROEを10%(同6.3%)に設定したと26日発表。 SMBC日興証券は、営業利益目標はもっと保守的な数字を提示すると みていたため及第点、ROE目標は素直にポジティブと評価した。投資 判断は「アウトパフォーム」、目標株価は3700円を継続した。

日本光電(6849):1.4%高の5680円。三菱UFJモルガン・スタ ンレー証券は、投資判断を「アウトパフォーム」で調査を開始した。目 標株価は7090円。今期以降は海外での積極的な施策が奏功して業績は増 益基調で推移すると予想。欧米やアジアで投入する生体情報モニタの新 製品群が業績拡大をけん引すると分析し、今期連結営業利益予想を190 億円(会社計画180億円)、来期は210億円とした。

ライト工業(1926):9.9%高の923円。東海東京調査センターは投 資判断「1(強気)」で調査開始、目標株価は1300円とした。リニア中 央新幹線など土木の大型プロジェクトや防災・減災関連工事の増加で、 得意とする法面工事・地盤改良工事の増加が16年3月期以降も見込める と分析。建設労働力不足は同社の受注条件にとって有利、施工効率の改 善も進展しているとした。15年3月期の連結営業利益予想は72億円(会 社計画47億円)、来期は85億円、再来期96億円。

サイバーエージェント(4751):8.3%高の3665円。クレディ・ス イス証券は投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に引き上げ、 新目標株価を4300円とした。ネイティブアプリ市場で複数の中型ヒット 作を持ち、安定した利益が見込まれることなどを勘案したとしている。

ライドオン・エクスプレス(6082):1.8%高の2900円。4-9月 期の営業利益予想を2億6700万円から3億7200万円に上方修正すると26 日発表した。販売促進策やメニュー改訂などが寄与し、既存店売上高が 想定上回る。

フマキラー(4998):8.3%高の327円。蚊が媒介するウイルス性の 熱性疾患デング熱の国内感染者を政府が確認したと菅義偉官房長官が27 日の記者会見で明らかにした。厚生労働省の発表によると、感染した患 者は海外渡航歴がなく国内で感染したと考えられるという。国内で は1940年代前半に流行したが、その後の発生は確認されていない。殺虫 剤需要の高まりが材料視された。

フェローテック(6890):7.1%高の706円。三菱UFJモルガン・ スタンレー証券は投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に引き 上げた。電子デバイスや装置関連は需要環境の好転が想定以上と指摘、 新目標株価を980円とした。

アイスタイル(3660):13%高の503円。発行済み株式総数の5.1% にあたる75万株、金額で5億円を上限に自社株買いを行うと26日発表し た。期間はきょうから12月30日まで。一時は80円(18%)高の525円と ストップ高まで上昇した。

--取材協力:冷澄.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE