NY外為:ユーロは対ドルほぼ1年ぶり安値、ECB緩和観測

26日のニューヨーク外国為替市場で はユーロが対ドルでほぼ1年ぶりの安値に下げた。欧州中央銀行 (ECB)が刺激策拡大へ、米金融当局は反対に利上げへ向かっている との見方が背景。

ドルは主要通貨バスケットに対してほぼ6カ月ぶりの高値で推移。 米消費者信頼感指数は予想外に上昇した。ニュージーランド(NZ)・ ドルは6カ月ぶり安値に下落。同国の貿易収支は7月に赤字となった。 ECBは来週、政策決定会合を開く。

RBSセキュリティーズ(コネティカット州スタンフォード)の為 替ストラテジスト、ブライアン・デンジャーフィールド氏は「米国とユ ーロ圏の統計を見比べると、引き続き経済のパフォーマンスや金融政策 の方向性に違いが見られる。米金融当局は緩和的な政策からの脱却を図 ろうとしているところだが、ECBはこれから始まるようだ」と述べ、 「欧米の差異は非常に明らかで、対ドルでのユーロに売り圧力をかけて いる」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.2%下げて1 ユーロ=1.3167ドル。2013年9月9日以来の安値をつけた。対円で も0.2%下げて1ユーロ=137円03銭。ドルは対円でほぼ変わらずの104 円06銭。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数

ブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらずの1030.60。 一時は1031.86と、2月3日以来の高水準をつけた。

モントリオール銀行の世界為替戦略責任者、グレッグ・アンダーソ ン氏(ニューヨーク在勤)は「先週のドルの動きが大きかったことか ら、値動きが一服することは想像できた」と述べ、「最重要な指標が発 表される来週ははるかに重要だ。ドルに対してはロングポジションを取 るべきだ」と続けた。

NZドルは主要16通貨の大半に対して下落した。7月の貿易赤字額 はブルームバーグがまとめたエコノミスト予想を上回った。NZドルは 対米ドルで0.1%安。

ECBのドラギ総裁は先週、カンザスシティー連銀がワイオミング 州ジャクソンホールで主催したシンポジウムで講演し、投資家のインフ レ期待が「大幅な低下を示した」と指摘した。

28日に発表されるドイツの8月の消費者物価指数(速報値)は前月 比で変わらずが見込まれている。また欧州連合(EU)の欧州委員会が 同日発表する8月のユーロ圏景況感指数は2月以来の低水準に下げると 予想されている。

ユーロ下落

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは過去1カ月で0.6%下げた。ドルは1.6%上昇し、円 は0.8%下げた。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は22日のシンポジ ウムで、労働市場の改善が「予想よりも速いペースで続いた」場合は利 上げが現在の想定よりも早く実施される可能性があると述べた。

8月の米消費者信頼感指数は予想外に前月比で上昇し、約7年ぶり の高水準をつけた。7月の製造業耐久財受注は輸送機器を除くベース で0.8%減。全体では22.6%増と、過去最大の伸びを記録した。

原題:Euro Falls to Lowest in Almost One Year on ECB Stimulus Outlook (抜粋)

--取材協力:Kristine Aquino、Kevin Buckland、Tracy Withers、Matthew Brockett、Eshe Nelson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE