米アップルのサプライヤーは、大画 面を搭載したタブレット端末「iPad(アイパッド)」の新型モデル の生産準備を進めており、来年第1四半期までに生産を開始する予定 だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

詳細情報が公開されていないとして匿名を条件に述べた関係者によ ると、大型の新アイパッドは画面サイズが12.9インチとなる。現行モデ ルの画面サイズは9.7インチと7.9インチの2種類。アップルは1年以上 にわたり、サプライヤーと大型タッチ画面端末の新製品開発に取り組ん でいるという。

アップルの広報担当者トゥルーディー・ミュラー氏はコメントを避 けた。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)はアイパッドの製品ライ ン刷新に取り組んでいる。アップルの製品別売上高でスマートフォン 「iPhone(アイフォーン)」に次ぐ2位のアイパッドは、新モデ ルを欠き2四半期連続で販売が減少。画面が大型化されたスマホに顧客 が流れたことも響いている。同社のサプライヤーは9.7インチの新型ア イパッドの生産を最近開始し、「アイパッド・ミニ」の新モデルも生産 に入る予定で、両端末とも年末のホリデーシーズンまでに発売される見 込みだと、計画に詳しい関係者が語った。

事情に詳しい複数の関係者によれば、同社はアイフォーンについて も画面の大型化を進めており、大画面の新モデルを披露するイベントを 9月9日に開催する計画だ。7月には量産が始まると、ブルームバー グ・ニュースは6月に報じている。新型アイフォーンは4.7インチと5.5 インチ画面の2機種だという。

原題:Apple Said to Prepare New 12.9-Inch IPad for Early 2015 Release(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE