米シティグループに185万ドル制裁金、トレーディングで不備

米シティグループは証券部門が3年 以上にわたり約2万2000件の取引で顧客に最良の価格を提供できなかっ たことを受け、185万ドル(約1億9300万円)の制裁金を支払うほか、 顧客に63万8000ドル余り返還する。米金融取引業規制機構 (FINRA)が26日発表した。

FINRAの発表によれば、シティグループでは非転換優先証券に 関して手動の価格設定方式を用いていた取引担当部署もあったため、1 万4800件の取引において全米最良気配(NBBO)に劣る価格が顧客に 提供されていた。シティの注文執行システム「ボンズディレクト」も当 該証券が売買される主要取引所しか照合確認しなかったため、7200件超 において最良価格を特定できなかったという。

FINRAの市場規制担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、 トマス・ギラ氏は「シティグループは顧客に相応の執行結果を提供する ために必要なシステムや監督が欠如していた。その結果、顧客は3年以 上にわたって不利な価格を受けとっていた」と発表文で指摘した。

シティの広報担当者、スコット・ヘルフマン氏は「この問題が解決 したことは喜ばしい」と電子メールでコメントした。

原題:Citigroup Fined $1.85 Million by Finra for Trading Violations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE