アジア株:3日ぶり下落-バリュエーションが今年最高

26日のアジア株式相場は3営業日ぶ りに反落。MSCIアジア太平洋指数のバリュエーション(株価評価) が今年の最高水準に上昇したことが響いた。

オーストラリアの掘削サービス会社ボート・ロングイヤーは13%安 と、6週間ぶりの大幅安。1-6月(上期)の赤字決算が嫌気された。 中国建築国際集団は香港市場で2.3%安。モルガン・スタンレーが同銘 柄の売りを勧めた。一方、中国現代牧業は香港市場で3.5%高。1-6 月期の売上高がアナリスト予想を上回った。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時25分(日本時間同3 時25分)現在、前日比0.1%安の148.44。同指数の株価収益率 (PER)は25日に13.7倍と、昨年12月以来の高水準に上昇した。

原題:Asian Stocks Decline as Valuations Climb to Highest This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE