香港株(終了):上昇、企業決算を好感-中国石油化工高い

香港株式相場は上昇。ハンセン指数 が約6年ぶりの高値を更新した。企業決算の内容や世界の中央銀行当局 者の発言に反応した。

アジア最大の製油会社、中国石油化工(SINOPEC、386 HK) はは4.3%高となり、上げをけん引。1-6月(上期)利益が予想を上 回ったほか、ガス供給会社の新奥能源(ENNエナジー・ホールディン グス)が同社との協力拡大を発表した。国美電器(493 HK)は3%高。 上期の増益が好感された。一方、不動産開発会社の嘉華国際集団(173 HK)は2.3%安。上期が大幅減益となった。

ハンセン指数は前週末比0.2%高の25166.91で終了。ハンセン中国 企業株(H株)指数は0.5%高の11115.79。

IGのストラテジスト、ライアン・ファン氏は、「香港株に関する 短期的な見方は依然として相当強気だ」と指摘。「バリュエーション (株価評価)はひき続きかなり有利な状態に見える。上海と香港の証券 取引所の相互注文取り次ぎもプラス材料だ」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Advance on Earnings Reports; Sinopec Jumps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE