仏大統領、新内閣編成を首相に指示-経済運営めぐる亀裂で

フランスのオランド大統領はバルス 首相に新内閣の編成を指示した。経済運営をめぐる閣内不一致を受け、 内閣刷新を決めた。

モントブール生産力再建相が週末に仏紙ルモンドとのインタビュー で景気てこ入れのための財政出動を呼び掛けたことを受け、バルス首相 はオランド大統領に辞表を提出。モントブール生産力再建相は仏政府が 「隷属的」に、あるいは「教条主義的」に財政赤字縮小を追求するべき ではないとし、そのような政策が失業を増やすと批判した。

大統領府が電子メールで25日配布した声明によれば、オランド大統 領はバルス首相に対し、「国家の計画に則した」新内閣の陣容をまとめ るよう指示。新閣僚は26日に指名されるとしている。

仏経済は2四半期連続でゼロ成長となり、オランド大統領の支持率 は史上最低と低迷している。

パリの調査センター、セビポフの政治アナリスト、ブルーノ・コー トル氏は電話インタビューで、オランド大統領の決断の理由は「指導力 の強調と、歳出削減・競争力強化という経済政策の方針明確化の2つ だ」と述べた。

原題:Hollande to Name New French Cabinet After Split on Economy (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE