ドイツ:8月のIfo景況感、4カ月連続低下-予想下回る

ドイツのIfo経済研究所がまとめ た8月の独企業景況感指数は4カ月連続で低下し、エコノミスト予想に も届かなかった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁も追加措置の必 要性を認識するユーロ圏経済の弱さが示された。

Ifo経済研が25日発表した8月の独企業景況感指数は106.3と、 7月の108.0から低下した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト39人の予想中央値は107.0だった。

昨年来のユーロ圏景気回復をけん引してきたドイツ経済の勢いに陰 りが見られる。ロシアとの緊張が貿易を阻害する恐れの中で、ドラギ ECB総裁は先週、インフレ見通し悪化に対し大規模な資産購入を通じ 対処する可能性を示唆した。

バーデン・ビュルテンベルク州立銀行(シュツットガルト)のエコ ノミスト、イエンスオリバー・ニックラッシュ氏は「ドイツ経済は非常 に強い状態からとはいえ、徐々に減速してきた。東欧情勢には不確実性 が大きく、企業の投資環境が段階的に悪化しているのが見られる」と話 した。

Ifoによれば、8月の現状指数は111.1と、7月の112.9から低 下。期待指数は101.7(前月は103.4)に低下した。いずれもエコノミス ト予想を下回った。

統計発表後のフランクフルト時間午前10時3分(日本時間午後5時 3分)現在、ユーロは対ドルで0.4%安の1ユーロ=1.3194ドル。

原題:German Business Climate Drops for Fourth Month as Risks Rise (1)(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE