ヘッジファンドの金買い越し、13%減少-19日終了週

ヘッジファンドなどの投資家が金市 場から引き揚げている。米経済成長が持続する兆しから米連邦準備制度 理事会(FRB)が一段と利上げに近づいているとの観測で、インフレ ヘッジとしての金需要が低下した。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジファ ンドなどによる金の先物とオプションの買い越しは19日終了週に13%減 少し11万6916枚となった。4週間で3回目の減少だ。先週の金相場は 2%下落と、5月後半以来最も大きな落ち込みとなった。

イエレンFRB議長は22日、改善が「予想よりも速いペースで続い た」場合は利上げが現在の想定よりも早く実施される可能性があると述 べた。

スタイフェル・ニコラウスの運用担当者、チャド・モーガンランダ ー氏は21日、「金投資家が逃げ出している。われわれは長期的な値下が り傾向が続くと考えている」と語った。

原題:Speculators Lower Gold Bull Wagers on Rate Outlook: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE