印スズロン:日本企業と協議中、洋上風力タービン合弁設立で

インドの風力タービンメーカー、ス ズロン・エナジーは洋上風力タービン製造で日本のパートナーを模索す る可能性がある。洋上プロジェクトが複雑化してコストが増大する中 で、割安な円建てローンの魅力が増していることが背景。

スズロンのタンティ会長はムンバイで行われたインタビューで、同 社は合弁会社設立で日本の複数の企業と協議中だと発言。「この種のビ ジネスは極めて資本集約的であり、このため最も低コストの資金を利用 しなければならない。それが得られるのは日本と米国だ」と説明した。

タンティ会長はスズロンがアプローチしている日本企業の具体名は 明らかにしなかった。

原題:Suzlon in Talks for Japanese Offshore Wind Partner (1)(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE