中国株上昇は「初期」段階-マーケットフィールドのショール氏

中国株式相場の上昇は依然として 「初期」段階だとの見方を、マーケットフィールド・アセット・マネジ メントのマイケル・ショール氏が示した。中国株は7-9月(第3四半 期)に、四半期ベースで1年ぶりの大幅上昇となる勢いとなっている。

ショール氏は、中国当局が景気押し上げのために一段の措置を講じ るとの楽観的な見方から中国株に強気だと述べた。習近平国家主席はこ れまで景気拡大の原動力となっていた与信に基づく建設への依存を減ら し、経済におけるサービス業の寄与を高めようとしており、生産の伸び 鈍化は避ける姿勢を取っている。マーケットフィールドの運用資産 は185億ドル(約1兆9300億円)。

ショール氏は20日の電話インタビューで、「中国政府と中国人民銀 行(中央銀行)が国有企業に有利な刺激策を導入すると予想しており、 これは株価にとってかなりの強気材料だ」と説明。「中国当局は不動産 そのものへの刺激策を再び導入しようとは思っていないようだ。何年に もわたって不動産市場に流れ込んでいた小口資金が、再び株式に向かい 始めるかもしれない」と述べた。

原題:Marketfield’s Shaoul Sees Enduring Stock Rally: China Overnight(抜粋)

--取材協力:Ye Xie.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE