米新築住宅販売:7月は予想外の減少-4カ月ぶり低水準

7月の米新築住宅販売は市場の予想 に反して減少、2カ月連続マイナスとなった。

米商務省が発表した7月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、 年率換算)は前月比2.4%減の41万2000戸と、3月以来の低水準。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は43万戸だ った。前月は42万2000戸(速報値40万6000戸)に修正された。

ジェフリーズのマネーマーケットエコノミスト、トーマス・サイモ ンズ氏は「若干失望を誘う内容だ」とし、「新築住宅販売のデータには けん引役というものが見られず、全く増えていないようだ」と続けた。

新築住宅販売価格の中央値は前年比2.9%上昇し、26万9800ドル。

販売戸数を地域別に見ると、4地域のうち3地域で減少。特に北東 部は30.8%と大きく落ち込んだ。このほか西部で15.2%、中西部 で8.8%減った。

新築住宅の在庫は20万5000戸と、約4年ぶり高水準。販売に対する 在庫比率は6カ月と、11年10月以降で最高。前月は5.6カ月だった。

い。

原題:Sales of New U.S. Homes Unexpectedly Fall to Four-Month Low (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE