ウクライナ、軍事費増額へ-独首相はガス供給問題の解決促す

ウクライナは25日、ロシア首脳との 予備的な和平協議を翌日に控え、軍事費増額を発表した。ドイツのメル ケル首相は今冬の欧州へのロシア産天然ガス供給をめぐる問題について も解決を呼び掛けた。

ウクライナ東部の政府軍と親ロ派武装勢力の戦闘は収まる様子が見 られない。ウクライナのポロシェンコ大統領とプーチン露大統領はベラ ルーシの首都ミンスクで行われる通商協議の傍ら、首脳会談を行う。

ポロシェンコ大統領は24日、キエフで行われた独立記念日の軍事パ レードで演説し、「残念ながら、ウクライナへの軍事的脅威は今後も常 に存在するだろう」と述べるとともに、軍事予算の400億フリブナ (約3100億円)強の増額を明らかにした。

ウクライナ当局は24日、同国東部の国境沿いでロシアが軍の装備を 増強していると指摘した。

メルケル首相は24日のARDテレビとのインタビューで、ミンスク の首脳会談が事態の「大きな打開」につながることはないだろうとしな がらも、「解決策を見いだしたければ話し合う必要がある」と発言し た。

同首相はさらに、ウクライナとロシアの天然ガスをめぐる問題解決 の取り組みに冬の到来という時間切れが迫っていると警告。「まだ緊急 事態には至っていないが、時間的制約により交渉を近く終える必要があ る」と語った。

ウクライナ軍のリセンコ報道官は24日、記者団に対し、ロシアがロ ストフ市周辺地域で軍の装備品を増強しており、少なくともウクライナ 国境から1.5キロの地点でそれが確認されたと説明。親ロシア派がルガ ンスク市のインフラを「ほぼ全て」破壊したと述べた。

メルケル首相は23日、ウクライナで分離派の暴力行為が始まって以 来初めて訪れたキエフで、プーチン大統領とポロシェンコ大統領がベラ ルーシの首都ミンスクで行う会談に向けて、和平案が「検討されてい る」ことを明らかにした。

原題:Ukraine Says Army Spending Raised as Merkel Warns on Russian Gas(抜粋)

--取材協力:Torrey Clark、James G. Neuger、Lisa Lerer、Roger Runningen、Ilya Arkhipov、Patrick Donahue、Anatoly Medetsky、Jake Rudnitsky.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE