NY原油:週間で5週連続安、製油需要の減退を見込む

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は下落。週間では過去 9カ月で最長の5週連続安。夏のドライブシーズンが終わりに近づいて いることから、製油需要が減少するとの見方が広がった。

エナジー・アナリティクス・グループのディレクター、トム・フィ ンロン氏(フロリダ州ジュピター在勤)は電話取材に対し、「製油業界 の業況が変化する時期を迎えつつあるため、WTIは下げている」と指 摘。「製油所稼働率にはあまり上昇余地がない」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日 比31セント(0.33%)安の1バレル=93.65ドルで終了した。終値とし ては1月14日以来の安値。

原題:WTI Crude Caps Longest Weekly Drop in 9 Months on Demand Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE