イエレンFRB議長:労働力の活用、依然「極端に低い状態」

米連邦準備制度理事会(FRB)の イエレン議長は、米国では5年間の景気回復で労働市場が改善してきた ものの、依然としてあまりに多くの国民が失業状態にあるとの認識を示 した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。