ブラード総裁:リバースレポ取引、「数千億ドル」の可能性

セントルイス連銀のブラード総裁 は、米金融当局が金融引き締めを開始したら、フェデラルファンド (FF)金利を固定させるためにマネー・マーケット・ミューチュア ル・ファン ド(MMMF)などから「数千億ドル」を借り入れること になるとの見解を述べた。同総裁は21日、ジャクソンホールでブルーム バーグのインタビューに応じた。

ブラード総裁は昨年9月から試験的に続けている翌日物リバースレ ポファシリティーに言及し、「それほど大規模なプログラムである必要 はないだろう。恐らく数千億ドルで十分だ」と話し、「もしそれで機能 しなければ、連邦公開市場委員会(FOMC)は再検討して、必要に応 じてプログラムの規模を拡大する」と述べた。

原題:Bullard Sees ’Several Hundred Billion’ Reverse Repo Program(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE