米ミズーリ州知事、州兵撤退指示-黒人少年射殺後の混乱沈静化

米ミズーリ州のニクソン知事(民 主)は、丸腰の黒人少年射殺事件が起きた同州ファーガソンから州兵の 撤退を開始するよう指示した。事件後1週間余りにわたり抗議活動が続 いた後、混乱は落ち着いてきている。

デモ隊が小火器やガソリン爆弾を使って警官を攻撃し、暴動鎮圧用 の装備をした警官が催涙ガスを発射する事態になったため、ニクソン知 事は18日に州兵を動員。暴動はそれ以降沈静化したと警察当局は語っ た。

ミズーリ州高速パトロール隊のロン・ジョンソン隊長が記者団に明 らかにしたところによると、警察当局は21日午前2時現在、6人を逮 捕。その前の24時間の逮捕者は47人だった。同隊長は当局が銃弾を一発 も発射せず、対立は全くなかったと説明した。

原題:Missouri Governor Orders Troops in Ferguson to Start Withdrawal(抜粋)

--取材協力:Toluse Olorunnipa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE