ブラックストーン、新ディストレストファンド支援協議-関係者

米ゴールドマン・サックス・グルー プ元幹部のジェーソン・ブラウン氏が設立した香港拠点のディストレス トファンドを、米投資会社のブラックストーン・グループが支援する可 能性をめぐって双方の間で協議が行われている。事情に詳しい関係者2 人が明らかにした。

ブラウン氏はゴールドマンでスペシャル・シチュエーションズ・グ ループ(SSG)のグローバル責任者を務めた。情報が非公開であるこ とを理由に同関係者らが匿名で語ったところによると、ブラウン氏のア ーカン・キャピタル・マネジメントは基本的にアジアでの投資に重点を 置き、場合によっては世界中に投資対象を広げる。

アーカンはブラックストーンの後ろ盾を得ることで、他の大手機関 投資家を引き付ける狙いだ。

今回の協議がまとまれば、ブラックストーンがアジアに本拠を置く ヘッジファンドを支援するのは2008年の世界的な金融危機以降で2回目 となる。同社は09年、香港に本拠を置くセンリガン・キャピタル・グル ープに1億5000万ドル(現在のレートで約156億円)の資金を入れるこ とで合意した。センリガンは米シタデル元幹部ニック・テーラー氏が率 いるイベントドリブン型ヘッジファンド運営会社。ブラックストーンの 支援を得て2年足らずで、資産が10億ドルを上回った。

ブラックストーンのニューヨーク在勤広報担当者、ピーター・ロー ズ氏はコメントを控えている。

ブラウン氏は11年から昨年の退社までゴールドマンのグローバル SSGを率いた。ブルームバーグ・ニュースが11年に入手したメモによ ると、グローバル責任者に昇格する前はアジアのSSG責任者を務めて いた。

原題:Blackstone Is Said to Be in Talks to Back New Distressed Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE