中国工商銀、5900億円相当の劣後債発行を計画-資本基盤強化

時価総額で中国最大の銀行、中国工 商銀行は、中核的自己資本(Tier1)適格の劣後債を最大57億ドル (約5900億円)相当発行する計画だ。世界中の銀行が資本基盤を強化し ている。

事情に詳しい2人の関係者によれば、工商銀は銀行7行に発行業務 を委託した。工商銀は中国本土以外で劣後債を発行する認可を取締役会 および当局から得ているが、株主の承認を待っている。詳細は非公開だ として匿名を条件に語った。工商銀の広報担当者(北京在勤)は22日、 コメントを控えた。

原題:ICBC Mandates Banks for Planned $5.7 Billion Subordinated Sale(抜粋)

--取材協力:Aipeng Soo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE