アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反発。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議 長がワイオミング州ジャクソンホールで講演するのを前に、米経済への 楽観的な見方が広がった。ハンセン指数は2週連続の値上がり。

石油化学などを手掛ける中国熔盛重工集団(1101 HK)は7.9%高。 キルギスの石油資産の買収で合意したことが手掛かり。交通銀行(3328 HK)は1.4%高。4-6月(第2四半期)利益がアナリスト予想を上回 った。小売業者への衣料品などの納入で最大手のリー・アンド・フォン (利豊、494 HK)は4.6%下落。主要市場の事業環境は引き続き厳しい との認識を示したことが響いた。

ハンセン指数は前日比0.5%高の25112.23で終了。週間では0.6%上 げ、6年ぶり高値近辺となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前 日比1.1%高の11058.69。FRBが景気拡大を支えるとの見方から、米 S&P500種株価指数は21日に最高値を更新した。

キャセイ・コニング・アセット・マネジメントのマーク・コニン最 高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンで、「イエレン 議長はかなりのハト派で、利上げ時期を真剣に検討するのを急がないと みられている。これは相場にとって良いことだ」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は反発。電力会社やメディア企業、家電メーカーなど がけん引した。上海総合指数は週間ベースで6週連続の上昇と、2012年 3月以降で最長の連続値上がり局面となった。

湖北能源集団(000883 CH)が約8カ月ぶりの高値を付けるなど、 公益株が買われた。家電メーカーの美的集団(000333 CH)は3.7%高と 上場来高値。大幅増益が好感された。共産党機関紙である人民日報のオ ンライン部門、人民網(603000 CH)は6%高。週間では38%の大幅上 昇となった。新規上場銘柄の長白山旅遊(603099 CH)は44%高で初日 の取引を終えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比0.5%高の2240.81。今週の上昇率は0.6%。上 海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比0.5%高 の2365.36。

江海証券の徐聖鈞アナリスト(上海在勤)は「中期的に投資家は追 加刺激策が講じられると予想し、国有企業改革や業界再編、香港と上海 両証取の相互注文取り次ぎによる資金流入に期待している」と指摘。 「月内に発表される指標が本当に悪い内容でなければ、相場上昇は続く はずだ」と述べた。

【インド株式市況】

指標のS&Pセンセックス指数は前日比0.2%高の26419.55で終 了。週間ベースでは2週続伸した。 * インドステイト銀行が2.3%高となったほか、HDFC銀行とアクシ ス銀行も値上がり * 銀行株指数は1%上昇し過去最高を更新した

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比6.75ポイント(0.1%)高 の5645.62。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比12.49ポイント(0.6%)高の2056.70。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比126.72ポイント(1.4%)高の9380.10。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE