三菱重の出資会社:英風力プロジェクトへの発電設備納入で合意

三菱重工業が出資する洋上風力発電 設備会社MHIベスタス・オフショア・ウインドはデンマークのエネル ギー会社ドング・エナジーとの間で、発電設備納入で条件付き合意に至 った。ドング・エナジーが英風力発電プロジェクトへの投資を最終決定 した段階で納入が正式決定する。

ドングの21日の発表資料によれば、合意はMHIベスタスが8メガ ワットと世界最大の出力の洋上風力発電設備「V164」32基をイングラ ンド北西部リバプール・ベイ沖のドングのバーボ・バンク洋上風力発電 所拡張プロジェクトに供給するという内容。納入が決まれば、同発電設 備の初の商用化となる。MHIベスタスは今年、デンマークの風力ター ビンメーカー、ベスタス・ウィンド・システムズと三菱重工の合弁とし て設立した。

ドングは2月、MHIベスタスに優先交渉権を与えていた。

原題:Vestas Wins Provisional Order for Most Powerful Sea-Wind Turbine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE