LME銅:上昇、米中古住宅販売の増加で需要回復観測広がる

21日のロンドン金属取引所 (LME)では銅が続伸。中国に次ぐ世界2位の金属消費国である米国 で需要が回復しつつあることを7月の米中古住宅販売の増加が示してい るとの見方が広がった。

LME銅相場(3カ月物)は前日比0.1%高の1トン=7015ドルで 終了。一時0.5%高となった。中国の製造業活動を測る民間の指標がエ コノミスト予想を下回ったことを受け、0.5%安まで下げる場面もあっ た。

LMEの亜鉛相場は上昇。一方、鉛とニッケル、スズ、アルミニウ ムは下落した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12 月限は前日比0.1%安の1ポンド=3.195ドル。

原題:Copper Rises in London as U.S. Home Sales Signal Stronger Demand(抜粋)

--取材協力:Alex Davis、Agnieszka Troszkiewicz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE