ブラジル株:ボベスパ指数、1年半ぶり高値-米緩和継続観測

21日のブラジル株式市場で、ボベス パ指数は1年半ぶりの高値に上昇。ブラジル株が割高過ぎるとの懸念よ り、米金融当局が景気刺激策を継続するとの観測の影響の方が大きかっ た。

化粧品販売のナトゥラ・コスメチコスは3.8%高と、ボベスパ構成 銘柄で最大の上げ。食肉加工会社のマルフリグ・グローバル・フーズ は3.8%高と、3日続伸した。

ナシオナル製鉄(コンパニア・シデルルジカ・ナシオナル、 CSN)は2.5%安と、MSCIブラジル資源株指数で最悪のパフォー マンスとなった。中国の製造業活動の指標がアナリスト予想よりも大幅 に低下したことが嫌気された。

ボベスパ指数は前日比0.2%高の58992.11で終了。6営業日続伸と なった。

原題:Ibovespa Rises to 18-Month High as Stimulus Outweighs Valuations(抜粋)

--取材協力:Julia Leite.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE