アルゼンチン外貨建て債を自国勘定で支払う案は違法-米地裁

アルゼンチンの外貨建て債への支払 いを米国法の効力が及ばない国内法に準拠して実施するとのフェルナン デス大統領の提案について、米連邦地裁のトーマス・グリーサ判事は違 法だとの見解を示した。ただ、同国を法廷侮辱罪に問うことは控えた。

グリーサ判事は21日にニューヨークで開いた緊急の審理で、フェル ナンデス大統領が19日発表した同案は「無効かつ違法であり、現在の裁 判所命令に反する」との判断を示した。

アルゼンチンのデフォルト(債務不履行)債を保有する投資家側の 弁護団は同国を法廷侮辱罪に問うことを求めていたが、同判事は侮辱に 当たると認定してもアルゼンチンと債権者との和解見通しを高めること にならないとして、投資家側の要請を退けた。その上で「必要性が最も 高いのは和解をまとめることだ。和解しなければならない」と述べた。

原題:Argentina’s Plan for Bond Swap Called Illegal by U.S. Judge (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE