8月21日の米国マーケットサマリー:S&P500種が最高値更新

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。 (表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3281   1.3259
ドル/円            103.83   103.76
ユーロ/円          137.90   137.58


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       17,039.56     +60.43     +.4%
S&P500種           1,992.37      +5.86     +.3%
ナスダック総合指数    4,532.10      +5.62     +.1%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .47%        .00
米国債10年物     2.41%       -.02
米国債30年物     3.19%       -.03


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,275.40    -19.80   -1.53%
原油先物         (ドル/バレル)   94.01      +.56     +.60%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では、ドルがユーロに対し11カ月ぶり高 値から下落。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は22日、 ワイオミング州ジャクソンホールで開かれている年次シンポジウムで講 演する。

ドルは前日に上昇。7月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事 録では、想定より早く利上げが始まる可能性があることが指摘された。 ノルウェー・クローネはここ1週間余りで最大の上げ。4-6月(第2 四半期)の経済成長率がアナリスト予想を上回ったことが背景。ポンド は4カ月ぶり安値に下落し、中国人民元はここ2カ月で最大の下げとな った。

みずほフィナンシャルグループの米為替セールス責任者、ファビア ン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は「昨日はFOMC議事録で当 局からメッセージのようなものは伝えられた。あとはイエレン議長の補 足を待つ必要がある。ただ現時点では、これまでと同様のスタンスを示 す可能性が高い」とし、「ドルが大きく上昇するには、当局が工程表を 示す必要がある」と続けた。

ニューヨーク時間午後2時15分現在、ドルは対ユーロで前日 比0.2%安の1ユーロ=1.3279ドル。一時1.3242ドルと、昨年9月10日 以来の高値を付けた。対円では1ドル=103円77銭。一時103円96銭と、 4月4日以来の高値を付けた。ユーロは対円で0.2%上げて1ユーロ =137円80銭。

◎米国株式市場

米株式相場は4日続伸。S&P500種株価指数は最高値を更新 し、2000の大台にあと10ポイント未満に迫った。米連邦公開市場委員会 (FOMC)が景気刺激策を継続するとの楽観が背景にある。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比0.3%高の1992.93と終値ベースの最高値を付けた。4日続伸 は過去2カ月で最長の連続高。ダウ工業株30種平均は60.43ドル (0.4%)高の17039.56ドルで終えた。17000ドル台は7月29日以来初め て。バンク・オブ・アメリカ(BOA)が4.2%高になるなど金融株が 上げを主導した。ヒューレット・パッカード(HP)は5.4%上昇し、 ハイテク株をけん引した。

USバンクのプライベート・クライエント・リザーブの地域投資デ ィレクター、ジェフ・クラベツ氏は「ファンダメンタルズが引き続き良 好で、米国株はまさにスイートスポットにある」と指摘した。

◎米国債市場

21日の米国債は4日ぶりに上昇。イエレン連邦準備制度理事会 (FRB)議長が22日の演説で米労働市場の弱さを強調すると、トレー ダーはみている。

5年債と30年債の利回り格差はここ3週間で最小となった。イエレ ン議長はこれまで、低金利を維持する根拠として労働市場のスラック (たるみ)を指摘してきた。FRBが20日公表した連邦公開市場委員会 (FOMC、7月29-30日開催)の議事録によると、「多くの参加者」 は「労働市場の改善が予想よりも速いペースで続いた場合、近い将来に 変更を迫られる可能性がある」と指摘した。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は、「投資家はイエレン議長の発言で失望が緩和されるこ とを望んでいる」と述べ、「国債強気派が喜ぶような内容が期待されて いる」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時4分現在、10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下して2.41%。同年債(表面利率2.375%、償還2024年8 月)価格は6/32上げて99 23/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は続落し、2カ月ぶり安値を付けた。前日 に公開された連邦公開市場委員会(FOMC)議事録や、この日の経済 統計を受けて米金利が上昇するとの見方が広がり、代替投資としての金 の魅力が薄れた。

ロング・リーフ・トレーディング・グループ(シカゴ)のチーフマ ーケットストラテジスト、ティム・エバンス氏は電話インタビューで、 「データ改善を受けて、市場は利上げの可能性を織り込みつつある」と 指摘。「この動きはドルにとって非常に強気で、ドル建て資産、特に金 を強く圧迫する」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比1.5%下げて1オンス=1275.40ドルで終了した。一時 は1273.40ドルまで下げ、中心限月としては6月18日以来の安値となっ た。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディ エート(WTI)は続伸。中古住宅販売件数など複数の米経済統計が成 長加速を示唆したと受け止められ、需要拡大を期待した買いが入った。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「米経 済データは良好で、需要も強そうだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日 比51セント(0.55%)高の1バレル93.96ドルで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE